本文へスキップします。

H1

社員インタビューK.N

エディタV2

K . N
経営企画チーム / 総務チーム マネージャー

前職で出産・育児によりキャリアをストップしたのち、2017年にストライダーズに中途入社。2児の母として子育てに奮闘しながら、マネージャーとして2つのチームを率いる。

Q:ストライダーズに入社したきっかけについて教えてください。
A:育児に専念するため、キャリアを一時中断していた時期がありました。そろそろ育児もひと段落し、キャリアをスタートさせようと思ったタイミングで、たまたまストライダーズからエージェントを通して転職のオファーをいただきました。 オファー条件を確認すると今まで積んだ自分のキャリアを活かせる仕事であることと、時短正社員での働き方を提案していただいたこともあり、育児とキャリアの両立が可能な環境であることが入社の決め手となりました。

Q:前職での経験が活かされたといわれていましたが、どのような業務だったのですか?
A:外資系大手物流会社では、複数の部署で売上分析や経営分析を行う業務に就いていました。また、社長室や経営企画室にも所属していました。それに加えて他社での営業経験もあります。ストライダーズはグループ会社を複数抱えており、経営分析もそれぞれの会社によって手法が異なります。経営者とコミュニケーションを取りながら経営分析を行っていくという現在の仕事は、営業で培ったコミュニケーション能力と経営陣に関わって経営分析を行っていた前職のキャリアがあったからこそだと思っています。

Q:ストライダーズでは現在どのような業務をしていますか?
A:経営企画チームのミッションは、事業企画の推進、グループ会社との連携・サポートなど、一言で表すとストライダーズの基盤を固めることです。この業務に加え「企業文化に基づいて、ストライダーズを安定成長させるための土台作りをしたい」ということを社長に直接伝え、コンプライアンス経営の取り組みの一環としてコンプライアンス研修の強化など、内部統制に関わる業務にも一昨年から取り組んでいます。2021年からは更に会社の基盤を強化したいという考えから、管理部門の一つである総務業務にチャレンジしチームを率いています。

Q:社内の雰囲気はいかがですか?
A:ストライダーズ単体は少数精鋭。少数ながらも多様性という言葉を象徴する会社です。それぞれの個性が仕事に活かされていて、面白いです。様々なバックグラウンドを持つ人が自由に発想して動いています。「色々な個性がぶつかり合って、みんなで目指す道を決めていく」そのようなイメージを持って働いています。


Q:今後どのようなことをしていきたいですか?
A:今、取り組んでいる会社の基盤づくりをさらに強化していきたいです。経営陣が打ち出した企業理念などを本当に実現させるためには、さらに基盤を固める必要があります。切磋琢磨しながらもお互いを尊重し合える強い組織作りを目指しています。

Q:最後に何か一言、お願いします。
A:自分にしかできない仕事をすることが私のキャリアのテーマであり、人生設計はオーダーメイドだと思っています。そのためにどんな自分でありたいか、いつも考え楽しみながら働いています。当社で働くことをご検討いただいている皆さまもぜひ自分にしかできないことを当社で色々チャレンジをしてください。失敗も大きな経験も第一歩だと思います。恐れず何事もチャレンジしていきましょう!