本文へスキップします。

H1

お知らせ履歴

お知らせ:表示

スリランカで小規模農家のプラットフォーム事業を展開するアグリスミクスへ出資
~社会的課題の解決を目的とするインパクト投資としての第1号案件~

2021.12.27

 株式会社ストライダーズ(本社:東京、社長:早川良太郎)は、このたび、子会社であるStriders Global Investment Pte. Ltd.(本社:シンガポール、Director: Nelaka Haturusinha 以下「SGI」)を通じ、スリランカで小規模農家のプラットフォーム事業を展開するAgrithmics Pvt. Ltd (本社:スリランカ、CEO:Prashanth Premakumar 以下「アグリスミクス」) に出資しましたので、お知らせします。なお、本件は当社における通常の事業投資とは異なり、投資リターンと併わせて社会的課題の解決を目的とする、いわゆるインパクト投資の第1号案件です。

 スリランカでは、農業のサプライチェーンのほとんどがデジタル化されておらず、仲買人の立場が強力です。その結果、小規模農家は交渉力が弱い且つ信用力が低いため、金融機関からの資金調達が難しい状況にあります。そうした状況の中、アグリスミクスは小規模農家に対して、AIとIoTの機能が組み込まれたプラットフォームを提供することでデジタル化を進め、サプライチェーンにおける不正行為や盗難、仲買人による搾取など、小規模農家が抱える課題に対して解決策を提供しています。また、農作物の販売代金の受け取りや農業経費の支払い、低コストの資金調達が可能となるフィンテックソリューションも実装されており、銀行口座を持たない小規模農家の生活向上にも貢献しています。


(紅茶の収穫量の計測をデジタル化して管理する様子)

 同社のプラットフォームは現在、スリランカの紅茶、果物、野菜、乳製品業界などで導入されており、登録農家数は約50,000人、2020年の年間流通取引総額は約3,000万ドルです。2020年にはマイクロソフト主催のピッチコンテストで優勝するなど、そのビジネスモデルは高い評価を受けており、今後はスリランカでの成功を契機に、バングラデシュ、パキスタン、インドネシアなど他のアジア地域への進出を計画しています。


(展示会での写真)

 当社は、今回、スリランカの事業パートナーであるBOV Capitalと共同で、アグリスミクスのプレシリーズAの資金調達に参加し、出資を実行しました。今後、当社がネットワークを有するインドネシア市場でのサポートなどを念頭に、同社の展開を支援してまいります。

 なお、本件投資については、当社における通常の事業投資とは異なり、投資リターンだけでなく、南アジア・東南アジアの小規模農家の地位向上という社会的課題を解決することを重要な目的とする、いわゆるインパクト投資の第1号案件として位置付けています。今後、インパクト投資を増やし、サステナビリティやSDGs達成の観点から、どの程度のインパクトが生まれたかという結果も重視してまいります。

<お問い合わせ先>
株式会社ストライダーズ/広報チーム
Email: pr@striders.co.jp
TEL:03-5777-0212