本文へスキップします。

H1

トップメッセージ

エディタV2

代表からのご挨拶

Stride With Challengers ~新型コロナの出口を見据えて~

 平素より、お客さま、ビジネスパートナーの皆さま、株主・投資家の皆さまには格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社グループは「挑戦する個人・企業を応援し、すべてのステークホルダーと感動体験を共有し、より良い世界を創造する」という企業理念のもと、事業投資・不動産事業を軸に企業活動を展開しております。

 2021年は、まん延防止等重点措置の長期化に伴い、人流の行動制限が続き、目まぐるしく政治・経済ともに変化がありましたが、当社グループは、コロナ禍で既存事業のDX化や業務改善に注力しました。2022年3月期の業績としては、不動産事業はレジデンス事業が堅調だったものの、売買取引が減少、ホテル事業の売上は減少したものの、助成金の獲得に伴い利益を確保、海外事業は既存事業の再編に伴い、下半期は上半期より営業キャッシュフローが改善しました。その結果、経常利益は前期比10.1%減少の205百万円、当期純利益は前期比48.0%増の168百万円を計上、配当は1株あたり3円から5円に増配しました。

 2023年3月期は足元の業績回復を念頭に、ポートフォリオの選択と集中を進め、新規事業・投資先の開拓に注力するとともに、中長期の成長を見据えたうえで、新たな価値創造ストーリーの作成(中期計画等)に着手し、サステナブルで持続可能な社会に貢献できる企業体を目指します。海外からのインバウンド投資の呼び込みや手数料ビジネスの拡大、既存事業とのシナジーを踏まえたヘルスケア、アグリカルチャー、エンターテイメント(Web3.0含む)などの新規領域への投資・連携も進めていきます。

 また、東証の市場再編によりスタンダード市場に移行したことを契機とし、ESG・サステナビリティの浸透にグループ内外で積極的に関与し、業種を超えた多様なステークホルダーとの共創連携を図り、次世代に向けた心豊かな社会を創造していきます。

 今後ともより一層のご支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。 

2022年6月
代表取締役社長&CEO
早川 良太郎