本文へスキップします。

H1

社員インタビューN.I

エディタV2

N . I
IT・DX推進チーム アシスタントマネージャー

2018年に中途入社。社内情報システム部門に所属し、グループ会社を含めたシステムの構築・運用・保守・サポートを担当。2022年1月より、組織を横断したタスクフォースチームである取締役会事務局のメンバーとしても経営陣をサポートする。

Q:ストライダーズに入社したきっかけについて教えてください。
A:ストライダーズを知ったきっかけは、エージェントからの紹介でした。私は、今までと違う業界で働き、新しい経験を得たいと考えていました。当社は、複数の関連会社を持つホールディングス会社であり、そのような会社の情報システム部門で働けるチャンスと思い、入社を決断しました。  また、面接の際に、当社の新しいことに取り組む姿勢と、「グループ会社を含んだインフラの運営に携わってほしい」と言われたことが、自身の望んでいた新しい経験を得たいという点と、マッチしたというのも決め手でした。

Q:面接では、どのような話から「新しいことに前向き」だと感じましたか?
A:座右の銘を聞かれた際に、「どうせ脇役になるなら名脇役に」と「現状維持はマイナスでしかない」の二つを挙げました。社長、会長から共に賛同を得ることができ、具体的なビジョンもお話いただき、前向きな姿勢を感じました。

Q:ストライダーズでは現在どのような業務をしていますか?
A:グループ会社を含め、社内情報システム部門としてシステムの構築・運用・保守・サポートを担当しています。私の仕事はサーバーやネットワーク周りなどが主ですが、私が思う自分の役割は「ストライダーズグループの社員が仕事をいまよりしやすくなるための仕事」だと考えており、皆様の作業効率が向上するように動いています。

Q:社内の雰囲気はいかがですか?
A:福利厚生は、他社に比べて充実していると思います。野菜不足や朝食を取らない人の増加などを考慮し、休憩スペースへのスムージー販売機の導入(※1)や健康セミナーの実施など様々な取り組みをし、健康的な経営を意識していることも魅力だと感じています。社員同士の仲も良く、働きやすい環境です。人数が小規模なこともあり、新しい発信や提案ができることも大きな魅力ですね。
(※1)会社が費用の3/4を負担し、50円で購入可能


Q:今後どのようなことをしていきたいですか?
A:より皆さんの仕事が円滑に進むように、積極的に他部門との関わり等を深めていきたいです。テクノロジーの変化の方が早いため、その変化に遅れることないようしっかり対応できるようにしていきます。自分のアンテナを多方面に広げ、情報を収集し、業務として主体的に発信することに、スピード感を持って取り組みたいと思っています。

Q:最後に何か一言、お願いします。
A:当社は、企業理念(※2)を常に重要視し、それが会社の考え方だと思っています。また、当社の企業理念は個人の生活やマインドにも当てはまります。例えば、「挑戦する個人・企業」を「自分自身」に、「すべてのステークホルダー」を「家族」に置き換えることもできます。この企業理念に自分を当てはめて、より良い世界が創造できれば、当社の考え方とマッチすると思いますので、ぜひそのような方と一緒に働いてみたいですね。
※2「挑戦する個人・企業を応援し、すべてのステークホルダーと感動体験を共有し、より良い世界を創造する」